学校法人尾張学園

同窓会
青四角

同窓会長挨拶

同窓会会員の皆さまにおかれましては、それぞれの分野でご活躍のことと存じ上げます。また、日頃より本会の活動にご理解とご協力をいただき厚く御礼申し上げます。 さて、平成18年4月から「障害者自立支援法《の施行、「介護保険制度《の改正がなされ、社会福祉は大きな変革期を迎えています。
 介護保険制度では、これまでの要介護者への介護給付だけではなく、まずは要介護者にならないようにするという考えのもと、新予防給付が創設されました。これに伴い、「地域包括支援センター《が設置されることとなりましたが、ここで注目すべきは社会福祉士を配置しなければならないということです。社会福祉士は吊称独占の資格であり、取得することが難しいとされているにもかかわらず、あまり必要がないといわれてきました。
 しかし、今回の改正により社会福祉士の配置が必要になったことは、今後社会福祉士の身分や地位を確立していくうえで大きな一歩になったのではないでしょうか。
 また、介護福祉士については、将来的に業務独占にしていこうという動向があり、今後は無資格者やヘルパー資格では介護業務に従事することが出来なくなる可能性があり、より専門的な知識や技術が必要とされています。
 同窓会としましても、皆さまのお役に立てばと、かねてより会報に社会福祉に関する特集記事を掲載してきたところです。
 将来的には同窓生が集まり学習会を開くなど、ともに成長していけるような活動が出来ればと考えています。
 まだまだ未熟な同窓会ではありますが、皆さんに関心を持っていただけるような活動を心がけてゆきたいと考えていますので、今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

青四角

同窓会  役員吊簿

吊簿表

このページの上へ