学校法人尾張学園

トップページ > 理事長挨拶

理事長挨拶

ごあいさつ

理事長 藤井 正芳

学校法人 尾張学園は、現在の真宗大谷派名古屋別院境内に、仏教研究所「閲蔵長屋」として1827(文政10)年に誕生した190年の伝統を誇る学園です。
本学園は、親鸞聖人の教えを建学の精神とし、浄土真宗の教義に基づいた教育をすることを目的に設立されました。
宗教教育を根底に置くことによって、自己にとらわれない真理を見出すことのできる「人間形成」を目指しています。
また、本学園は恵まれた静寂な地区にあり教育環境も整い、一人ひとりの「いのち」を大切にし、真実に生きることのできる多くの人達が育ち、社会へと巣立っていきました。
現在は、学園創立200周年を迎えるにあたり、名古屋大谷高等学校、豊田大谷高等学校共に、夢のある新しい時代に相応した学校づくりを推進しています。

藤井 正芳 理事長

学校法人尾張学園メニュー

理事長挨拶 建学の精神 学園組織 学園の沿革 平成29年度報告書(学生・生徒数と学級数 教職員の現況) 平成28年度事業報告書(PDF) アクセス

このページの上へ